主催・共催の公演を観る

チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション

公演画像

概要

2003年3月、アメリカ軍がイラク空爆を開始した日を含む5 日間の若者達の日常を描く。若者のしゃべり言葉をそのまま書き起こしたような戯曲と、そうした言葉によって引き出される無意識な体の動きを過剰に誇張した身体とのスリリングな関係性が、それまで当たり前とされてきた劇構造を根本から覆し、日本現代演劇の転機として語られるチェルフィッチュの代表作。2005年第49回岸田國士戯曲賞を受賞。2007年クンステン・フェスティバル・デザール(ブリュッセル)にて海外初演以降、世界30都市以上で上演をかさね、2011年には100回記念公演をKAAT神奈川芸術劇場にて開催。

初演から10年以上が経ち、若者像も、都市も、情報の速度も、戦争との距離も変わったいま、もはや“時代劇”とも呼べる本作が、全国オーディションによって選ばれた20代前半の俳優7人によって新たに生まれ変わる。

■チェルフィッチュ 
岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立し、今年20周年を迎える。独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。2007年『三月の5日間』にて国外進出を果たして以降、世界70都市での上演歴を持つ。近年は海外のフェスティバルによる委託作品制作の機会も多く活動の幅をさらに広げている。
https://chelfitsch.net/

=========================
『三月の5日間』は今は昔、二〇〇三年の三月にイラク戦争が開戦した頃の東京を舞台にした芝居です。若い(かつ力強い)七人の役者によって、ひとむかし前のこの戯曲(案外と書き換えられるでしょう)を、新しい仕方で上演することは、二〇一七年の十二月の日本の首都圏に、何を引き起こすのでしょう? 見当はまるで付かないです。こうしたことは予想しても、外れるのが常なので。でも、きっと〈何か〉が引き起こされるはずであり、その〈何か〉を身をもって知ることができるときを、今から僕は待っています。
岡田利規
=========================
■岡田利規 スペシャル・トークイベント情報
劇作家・演出家の岡田利規氏によるスペシャル・トークイベントを「もんぜんまち劇場」開催中の権堂・ネオンホールにて公演に先駆けて開催します。
日時:2月8日(木)18:00~20:00(予定)
募集定員:60名(先着順)
参加費:無料(要予約)
応募方法:11月11日(土)の一般発売日以降、NCACチケットセンター窓口にて、「三月の5日間」公演チケットをご購入の上、所定の申込用紙に必要事項をご記入ください。
=========================

作・演出 岡田利規
出演 朝倉千恵子、石倉来輝、板橋優里、渋谷采郁、中間アヤカ、米川幸リオン、渡邊まな実
舞台美術 トラフ建築設計事務所
技術監督 鈴木康郎
照明 大平智己(ASG)
衣裳 藤谷香子(FAIFAI)
宣伝写真 小林健太
宣伝美術 牧寿次郎

■主催
一般財団法人長野市文化芸術振興財団
一般社団法人チェルフィッチュ
■企画制作
株式会社precog
■製作
一般社団法人チェルフィッチュ、KAAT神奈川芸術劇場
■国際共同製作
KAAT神奈川芸術劇場、ロームシアター京都、Kunstenfestivaldesarts
■国際共同製作賛助
穂の国とよはし芸術劇場PLAT、長野市芸術館、山口情報芸術センター[YCAM]
■レジデンスサポート
豊橋市、穂の国とよはし芸術劇場PLAT
■協力
急な坂スタジオ、城崎国際アートセンター(豊岡市)

開催日時

2018年2月24日[土] 17:00
2018年2月25日[日] 14:00

会場

アクトスペース

料金

一般:3,000円
高校生以下:1,500円
(全席自由・税込)

チケット情報

その他プレイガイド

■NCACチケットセンター: 026-219-3191 [10:00~19:00/火曜定休]

PDFダウンロード

 171115nagano1

ページの先頭へ