主催・共催の公演を観る

【アートメントNAGANO 2018】市原 愛 ソプラノ・リサイタル

公演画像

概要

火曜日ですけど…水曜ひるまのクラシック・リサイタル・アートメント・スペシャル

市原 愛 ソプラノ・リサイタル

2年目のシーズンに入った大好評リサイタル・シリーズのアートメント・スペシャル版。昨年度のアートメントでオペラ・アリアの数々を麗しい美声で聴かせてくれた久石芸術監督推薦のソプラノ歌手・市原愛が登場。たっぷり時間を設けるアーティスト・トークやアーティストおすすめのぷちスイーツ付きなのも、このシリーズの魅力。
ご来場の皆さまにプレゼントする、市原が選んだぷちスイーツは「鎌倉 三日月堂花仙 可麻久良もなか」。

<水曜ひるまのクラシック・リサイタルシリーズ>
① チケット完売が続くトップ・アーティストたちの演奏が間近に聴けるチャンス!
② 誰もが知る名曲のほか、アーティストが考える「長野市・長野の自然をイメージする作品」をプログラム!
③ アーティストのトークコーナーもあり、知っているようで知らない楽器のマメ知識もゲット! 
④ アーティストがオススメする全国各地選りすぐりのぷちスイーツ付!!
館内1F「喫茶CHOU CHOU」でもらえるスイーツとともに、公演前後にランチやお茶するなんていかが??(公演当日に限りチケットご提示でメニュー全品10%OFF)

■プロフィール
市原 愛 (ソプラノ)  Ai Ichihara, soprano
神奈川県生まれ。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。ミュンヘン国立音楽大学大学院を修了。ドイツ留学後は、ミュンヘンのプリンツレゲンテン劇場、バイロイトの辺境伯歌劇場、バーデン州立歌劇場、ゲッギンゲン・クアハウス劇場、ハンブルガー・カメラータ定期演奏会、ウルフ・シルマー指揮のミュンヘン放送管弦楽団等の公演に出演。08/09シーズンは、アウグスブルク歌劇場の専属ソロ歌手として契約。国内では、クリストフ・エッシェンバッハ、クリスティアン・アルミンク、ハンス=マルティン・シュナイト、ヘルムート・ヴィンシャーマンなどの指揮者のもと、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、広島交響楽団、山形交響楽団等と共演。2013年トリノ王立歌劇場日本公演ではヴェルディ「仮面舞踏会」でオスカル役に、2015年2月~4月には錦織健プロデュース・オペラVol.6「後宮からの逃走(モーツァルト)」の全国ツアーでブロンデ役に起用され、その歌唱力と演技で聴衆を魅了した。2017年7月トリノ王立歌劇場管弦楽団のコンサートマスター、首席チェロ奏者、ピアニストによる「トリノ・トリオ」日本ツアーにソプラノとして参加。長野市芸術館でも公演を行った。
これまでにドイツ歌曲をヘルムート・ドイチュ、フランス歌曲をセリーヌ・デュティイ、声楽をエディット・ヴィーンズ、児島百代、保永秀樹、原田茂生、朝倉蒼生の諸氏に師事。 現在、リサイタルやオペラ、コンサートのほか、宗教曲のソリストとして活躍している。
第13回日本モーツァルト音楽コンクール第1位、第1回マルチェッロ・ヴィオッティ記念国際声楽コンクール第2位および聴衆賞、第77回日本音楽コンクール声楽部門第2位。
2015年10月にファーストアルバム「歌の翼に」(オクタヴィアレコード)をリリース。
オフィシャル・ホームページ http://www.aiichihara.com/

佐藤卓史(ピアノ) Takashi Sato, piano
高校在学中の2001年、日本音楽コンクールで優勝。東京藝術大学を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学ならびにウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。その間、2007年シューベルト国際コンクール第1位、2010年エリザベート王妃国際コンクール入賞、2011年カントゥ国際コンクール第1位など受賞多数。
指揮者ジョナサン・ノットの東京交響楽団音楽監督就任披露演奏会のソリストに指名され、ブラームスの第1協奏曲を共演したのをはじめ、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、ベルギー国立管弦楽団等、内外のオーケストラと多数共演。レコーディングにも積極的に取り組み、日本とヨーロッパで20点を超えるCDを発表している。
2014年よりシューベルトのピアノ曲全曲演奏プロジェクト「佐藤卓史シューベルトツィクルス」を展開中。放送出演も多く、現在はBSジャパン「おんがく交差点」にレギュラー出演。室内楽、作編曲など幅広く活躍している。
http://www.takashi-sato.jp/

出演 市原 愛(ソプラノ)
佐藤卓史(ピアノ)
プログラム エリック・サティ: ジュ・トゥ・ヴ
アントニン・ドヴォルザーク: 我が母の教え給いし歌
フランツ・シューベルト: アヴェ・マリア
ルイージ・アルディーティ: くちづけ
ジョージ・ガーシュウィン: オペラ『ポーギーとベス』より サマータイム
カーライル・フロイト:オペラ『スザンナ』より 山の木々
フランツ・レハール: オペレッタ『メリー・ウィドウ』より ヴィリアの歌
レオ・ドリーヴ: カディスの娘たち
岡野貞一: 朧月夜
武満徹: 翼/うたうだけ/死んだ男の残したものは/小さな空
久石 譲: Stand Alone
主催 一般財団法人長野市文化芸術振興財団
長野市
共催 信濃毎日新聞社
企画制作・問い合わせ アートメントNAGANO事務局(一般財団法人長野市文化芸術振興財団 内)
平成30年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業

開催日時

2018年7月10日[火]
13:30開演(13:00開場)

会場

リサイタルホール

料金

¥2,500(全席指定・税込)

チケット情報

その他プレイガイド

■ NCACチケットセンター
 tel:026-219-3191  
 [10:00~19:00/火曜定休]
■ ローソンチケット
 tel:0570-000-407(Lコード:32371)
■ e+(イープラス)
 http://eplus.jp
■ ながの東急プレイガイド【窓口販売】

PDFダウンロード

Print

ページの先頭へ