主催・共催の公演を観る

【協力公演】鼓童『巡-MEGURU-』

公演画像

概要

音と音から見えてくる風景。
そこにあるのは、ただ心のみ。

巡 -MEGURU-
2018年秋から日本全国ツアーを開始する新作「巡」。
鼓童の中でも早くから舞台の中心に立ち、
演奏だけでなく作曲やアレンジなどでも
才能を発揮してきた住吉佑太が初演出を担う。
住吉が生まれ育った香川に伝わる獅子舞や、徳島の阿波踊り。
栃木や群馬に伝わる八木節や、岩手に伝わる鬼剣舞や
獅子躍の唄の一節。そして佐渡の鬼太鼓や島根の石見神楽など。
郷土芸能をさりげなく織り込み、再創造することによって、
住吉特有の音楽世界が鼓童の太鼓音楽をさらに広げていく。
他にも鼓童が長年演奏してきた「三宅」をさらに昇華させた曲、
世界の民族音楽にもインスパイアされた曲、
西洋音楽的なアプローチで作られたリズムアンサンブルや
即興曲など、全ての曲が本作のために作曲されている。
その音楽的な振り幅には、
今までにはない試みが凝縮されている。
今回のテーマ曲とも言える「巡」は舞台に先駆けて
18年初旬より公開。新しい才能が鼓童を未知なる
世界に飛躍させる。

■プロフィール
鼓童 Kodo
太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団。1981年、ベルリン芸術祭でデビュー。以来50の国と地域で6,000回を越える公演を行う。なかでも、多様な文化や生き方が響き合う「ひとつの地球」をテーマとした「ワン・アース・ツアー」は、世界各地で3,900回を数える。劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」、ワールドミュージック・クラシック・ジャズ・ロック・ダンスパフォーマンスほか異なるジャンルの優れたアーティストとの共演や、世界の主要な国際芸術祭、映画音楽等へ多数参加している。佐渡島における鼓童の創造的な活動、ライフスタイルとその理念は、世界のアーティストや芸術関係者からも注目を集めている。2012年から2016年まで坂東玉三郎氏を鼓童の芸術監督に招聘した。

演出 住吉佑太
出演 岩塚充、中込健太、箕輪真弥、小松崎正吾、三浦康暉、池永レオ遼太郎、大塚勇渡、北林玲央、米山水木、吉田航大、木村佑太、平田裕貴、山脇千栄
主催 テレビ信州、北前船
協力 一般財団法人長野市文化芸術振興財団
企画製作 北前船
問合せ先 サンライズプロモーション北陸 Tel.025-246-3939(平日11:00〜18:00)
助成 文化庁文化芸術振興費補助金
劇場・音楽堂等機能強化推進事業
独立行政法人日本芸術文化振興会

開催日時

2018年12月1日[土]
開演 16:30
(開場 16:00)

会場

メインホール

料金

S席:5,500円
A席:5,000円
(全席指定・税込)
※未就学児入場不可

チケット情報

その他プレイガイド

■長野市芸術館チケットセンター
 tel:026-219-3191 [10:00~19:00/火曜定休]
■チケットぴあ
 https://t.pia.jp/(Pコード:124-324)
■ローソンチケット
 http://l-tike.com(Lコード:34042)
■イープラス
 http://eplus.jp/
■セブンチケット
 http://7ticket.jp
■鼓童チケットサービス
 https://piagettii.e-get.jp/kodo/pt/

PDFダウンロード

Print

ページの先頭へ