主催・共催の公演を観る

スケリグ

公演画像

概要

浜中文一 主演「スケリグ」再演が決定。今年の7月から9月にかけて全国で上演されるなか、長野市芸術館での上演が決定!!

「スケリグ(Skellig)」は、イギリスの作家デイヴィッド・アーモンドによって1998年に執筆された児童書。
昨年、ウォーリー木下の演出により上演され、浜中が主演を務めた。今回の再演版には、新キャストとなる大東立樹(ジャニーズJr.)と清水らら、初演キャストの奥村佳恵、工藤広夢、金子昇、瀬戸カトリーヌが出演する。


スケリグ公式ページはこちら↓
スケリグ公式ページ


●一般発売 5月9日(土)10:00~  *早割先行発売はございません。

*現在、長野市芸術館チケットセンターは窓口業務を停止しているため、チケット販売は電話/オンラインでのみの受付となっております。ご了承ください。

***

■主演:浜中文一 コメント

スケリグ再演ということで、今回は、初めて共演する大東立樹くんとやる事を楽しみにしています。

不思議な物語を更に奥行きのあるストーリーにできるように、皆さんと頑張っていきたいと思います。

お時間あれば是非観に来てください。


■演出:ウォーリー木下 コメント

再演ありがとう。僕にとってとても大事な舞台、もう一度できることになって嬉しい。

影絵や見立てのワークショップから始まって、音楽も自分たちで奏で、一人何役もやって、

まるで子どもの秘密基地みたいな小さいけど複雑なセットの中をみなが、そう、遊ぶように物語を紡いだ。

僕にとっては「これこそ演劇だぜ!」と思えるものになった。ぜひ見に来てください。


***

不可思議であたたかな世界を ユニークに描き出す傑作舞台 待望の再演!


自在に演じるキャスト、生演奏、映像を駆使した美術など、創造的な演出が光る傑作舞台『スケリグ』。 キャスト7人+音楽家1人、全員で活き活きと描く魅力的な世界を、さらにスケールアップしてお届けします。



古い家に引っ越したマイケルは、荒れ庭のガレージの片隅で、ボロ雑巾のような「彼」を見つけた。 ホコリと虫の死骸まみれの服、捻じ曲がった身体、その背中には奇妙なものが生えていた。 彼の名前は「スケリグ」 。 マイケルにはまだ赤ちゃんの妹がいる。でも重い病気で、パパとママは妹にかかりきり。 マイケルは隣の家の女の子・ ミナと一緒に、スケリグを助けようと秘密の活躍を始める。 月明かりの中の冒険、廃墟に住むフクロウたち、小さな妹への想い、そして、とても不機嫌でとても不思議なスケリグのくれる奇跡――。 無垢な心が見つめる生と死…、家族や友達との絆…、ファンタジックな世界から大切なものが伝わる、切なくてあたたかな救いのストーリー。

出演 浜中文一・大東立樹(ジャニーズJr.) 清水らら
奥村佳恵 工藤広夢・金子昇 瀬戸カトリーヌ
主催 一般財団法人長野市文化芸術振興財団

開催日時

2020年8月31日[月]
18:30開演(18:00開場)

会場

メインホール

料金

S:¥7,500
A:¥6,500
U-15チケット ¥3,000(枚数限定)
(全席指定・税込)

チケット情報

その他プレイガイド

■長野市芸術館チケットセンター【窓口・電話】
tel: 026-219-3191 [10:00~19:00/火曜定休]
*現在、窓口業務を停止しております。チケット販売は電話/オンラインでのみの受付となっております。ご了承ください。

■ローソンチケット
tel: 0570-000-407 (Lコード:31355)*5/11(月)より受付開始

■e+(イープラス)
https://eplus.jp *5/9(土)より受付開始。但し、チケット発券は8/17(月)以降より受付になります。

●一般発売 5月9日(土)10:00~  *早割先行発売はございません。

PDFダウンロード

ページの先頭へ