【加藤昌則のぶっとび!クラシック[作曲家編]】全4回講座

イベント情報

buttobi_640

 

【加藤昌則のぶっとび!クラシック[作曲家編]】全4回講座
クラシックの奥深い世界への“とびら”を作曲家・ピアニストの加藤昌則が、ひとつ、ふたつと開けちゃうレクチャー講座です!
「バッハはなぜ音楽の父と呼ばれているの?」「モーツァルトのトルコ行進曲は、なぜトルコなの?」「ベートーヴェンはメロディをつくるのが苦手だったって本当!?」「ソナタ形式ってなに!?」などなど、作曲家に焦点を当てて素朴な疑問を解決します!
クラシック初めての方も慣れている方も関係なし。作曲家の実像に触れ、作品の偉大さにワクワクし、作曲家と作品をより身近に感じていただける、またとないチャンス!!
受講後に訪れるコンサートが、今までとは別次元の興奮と歓喜に満ちた瞬間となること間違いなし!! 10月から1月まで、月1回の全4回シリーズ。ぜひご期待ください!!
==========
■長野市芸術館チケットオンライン先行発売
 2018年8月16日[木]10:00〜
■一般発売
 2018年8月18日[土]10:00〜
==========
プログラム
【1時間目】10月31日(水)「バッハ」
・なぜバッハは「音楽の父」と呼ばれているの?
・バッハといえば必ず出てくる、「平均律」ってなに?
・どうして「G線上」のアリアなの?

【2時間目】11月28日(水)「モーツァルト」
・なぜモーツァルトは貧乏だったの?
・「トルコ行進曲」のなにが「トルコ」なの?
・妻とのコンスタンツェはどうして「悪妻」と呼ばれているの?

【3時間目】12月26日(水)「ベートーヴェン」
・なぜベートーヴェンがクラシック音楽の方向性を決めたといわれているの?
・ソナタ形式ってなに?
・ベートーヴェンはメロディを作るのが苦手だったって本当!?

【4時間目】2019年1月30日(水)「シューベルトvsシューマン」
・シューベルトのシューマンの作品、それぞれの特徴とは?
・シューベルトとシューマンの歌曲で比べてみましょう。
・交響曲で見る二人の特質
==========
時間:すべて18:30開演
会場:長野市芸術館リサイタルホール
料金:各回:500円/4回セット券:1,600円/高校生以下:無料(要入場整理券)
※入場整理券は、長野市芸術館チケットセンターにて受付。
==========
講座の詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/buttobi_01/

ページの先頭へ