ナガノ・チェンバー・オーケストラ

ナガノ・チェンバー・オーケストラ 第6回定期演奏会 メンバー紹介 

 

170413%ef%bc%bfconductor

photo_joe

久石 譲 Joe Hisaishi
長野県中野市出身。作曲家・指揮者・ピアニスト。ソロアルバム、宮崎駿監督作品をはじめとする映画音楽、CM音楽など、幅広い分野で活躍中。1998年の長野パラリンピック冬季競技大会で総合演出も手掛ける。2013年10月より、長野市芸術館の芸術監督に就任。

170413_concertmaster

600_vn%e8%bf%91%e8%97%a4%e8%96%ab

近藤 薫 Kaoru Kondo
東京芸術大学をアカンサス賞を受賞して卒業後、同大学院修士課程修了。これまで、東京交響楽団、読売日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団など、国内の主要オーケストラで客演コンサートマスターを務める。その他、イタリア、ドイツ、オーストリア、スペイン、カナダ、中国、台湾などの各地においてソリスト、および、室内楽客演として演奏。2015年4月から東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターに就任。バロックから現代音楽まで幅広いレパートリーをもち、常に新しい表現を模索し続けている。

170413_violin

 

600_vn%e4%bc%9a%e7%94%b0%e8%8e%89%e5%87%a1

会田 莉凡 Ribon Aida
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース在学中に第81回日本音楽コンクールにて第1位、併せて最も印象的だった演奏に贈られる増沢賞、レウカディア賞、黒柳賞、鷲見賞を受賞。そのほか、2010年第6回ルーマニア国際音楽コンクール、2014年第3回秋吉台音楽コンクール室内楽部門、2015年ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクールにてそれぞれ第1位。これまでに円光寺雅彦、大友直人、高関健、沼尻竜典、川瀬賢太郎、ラドゥ・ポパなどの各氏の指揮で、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、群馬交響楽団、セントラル愛知交響楽団、大阪交響楽団、九州交響楽団、ルーマニア国立ラジオオーケストラなど国内外のオーケストラと共演を重ねる。またサイトウキネンオーケストラ、水戸室内管弦楽団、宮崎国際音楽祭などに参加。CHANEL Pygmalion Days2014アーティスト。また客演コンサートマスターとして群馬交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、京都市交響楽団、九州交響楽団などから招かれる。2016年川田知子氏とデュオCDをリリース。現在、徳永二男氏に師事。室内楽を小澤征爾、原田禎夫、川本嘉子、川崎洋介の各氏から指導を受ける。

 

600_vn%e7%9f%b3%e4%ba%80%e5%8d%94%e5%ad%90

石亀 協子 Kyoko Ishigame
桐朋女子高等学校音楽科を経て、ウィーン国立音楽大学、リューベック国立音楽大学にて研鑽を積む。ミケランジェロ・アバド国際バイオリンコンクールにて最高位、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールにて第2位、他国内外のコンクールにて多数入賞。ソリストとして仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団等と共演。宮崎国際音楽祭、ザルツブルグ音楽祭、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭など国内外の多数の音楽祭に参加。現在は、ソロ、室内楽を中心に多方面に亘り活動する一方、後進の指導にもあたっている。2013-2014 紀尾井シンフォニエッタシーズン・メンバー。Quartet MARK、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニアメンバー。

 

600_vn%e5%8a%a0%e8%97%a4

加藤和美 Kazumi Kato
愛知県出身。6歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。同大学院科目履修卒業。東京音楽大学学内コンクールにて弦楽器部門、入選。2013年市川市文化振興財団第26回新人演奏家コンクール優秀賞受賞。2014年第1回刈谷国際音楽コンクール 弦楽器部門 優秀賞受賞。これまでに、近藤富士雄、服部芳子、岡山潔、大谷康子、嶋田慶子、海野義雄、近藤薫の各氏に師事。現在、音楽教室にてヴァイオリン講師をつとめ、幅広い分野に渡る演奏活動をする。

 

600_vn%e5%9f%8e%e4%bb%a3%e3%81%95%e3%82%84%e9%a6%99

城代 さや香 Sayaka Kinoshiro
桐朋大、英王立音大卒。マルシュナー、カルドナ, 大阪国際他内外のコンクール優勝・入賞。03年文化庁派遣在外研修員。NHKーFM「クラシックの迷宮」他出演。サイトウキネン「子供のためのコンサート」、「小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅨ」コンミス。神奈川フィル、ミンホ室内管、マルシュナー音楽祭オケ他と共演。江藤俊哉・アンジェラ、原田幸一郎、漆原朝子、G.パウク、堀正文、荒井英治、G.プーレ各氏に師事。フィンランド、クオピオ響コンミス。CD「Invocation」。

 

600_vn%e5%b0%8f%e6%9e%97%e4%b9%85%e7%be%8e

小林 久美 Kumi Kobayashi
長野市出身。第37回全日本学生音楽コンクール東日本大会にて入賞。長野県新人演奏会に出演。 京都フランス音楽アカデミー、霧島国際音楽祭、スイス・シオンミュージックフェスティバル等に参加。 東京芸術大学卒業。これまで伝田充正、大谷康子、故田中千香士、景山誠治の各氏に師事。現在、東京都交響楽団セカンドヴァイオリン副首席奏者。

 

600_vn%e6%be%a4%e4%ba%9c%e6%a8%b9_2

澤 亜樹 Aki Sawa
東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部首席卒業。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。2006年、第17回パリ国際バッハコンクール・ヴァイオリン部門で第2位受賞。2010年より2年間、文化庁新進芸術家海外研修員として、英国王立音楽院に留学し、最高位のDiploma of Royal Academy of Music (DipRAM)を得て首席卒業。学内にて, Wilfrid Parry Prize, Roth Prize, Regency Award等多数受賞。2010/2011年度ロンドン交響楽団研修生。青山音楽賞新人賞、松方ホール音楽賞受賞。これまでに藝大フィルハーモニア管弦楽団、ウクライナ国立フィルハーモニー、関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。2014年、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。修了時に大学院アカンサス賞受賞。東京文化会館にてデビューリサイタルを開催。現在、東京藝大音楽学部室内楽科非常勤講師および藝大フィルハーモニア管弦楽団コンサートミストレス。

 

 

600_vn%e9%87%8d%e5%b2%a1%e8%8f%9c%e7%a9%82%e5%ad%90

重岡 菜穂子 Nahoko Shigeoka
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学、同大学院修了。大学卒業時に、同声会賞受賞。 文化庁在外研修員として、ベルギーに留学しブリュッセル王立音楽院に入学。ディプロマを取得し、最高栄誉賞付きで、満場一致の満点で首席卒業。 カネッティ国際音楽コンクール第2位、アルベルト・クルチ国際コンクールセミファナリスト、大阪国際コンクール第1位並びに審査員特別賞受賞。 宗次ホール弦楽四重奏コンクール第2位。2000年、受講費全額免除のスカラシップを得て、ウィーン国際サマーセミナーに参加。サイトウキネンフェスティバルにおいて、サイトウキネン室内楽勉強会、小澤征爾音楽塾、子供のための音楽会、青少年のためのオペラなどに参加。元ジュリアードカルテット第1バイオリン奏者ロバート・マン指揮のオーケストラコンサートにおいてコンサートミストレスを務める。 谷川俊太郎の詩と音楽IIIに参加。室内楽の分野では、プロジェクトQ、JTアートホール室内楽シリーズ、堀米ゆず子氏の室内楽シリーズなどに出演。ハンガリースラビア・インタフォルムオーケストラ、千里市民管弦楽団、ロシアコングレスオーケストラ、 ソフィアフィルハーモニーオーケストラなどとソリストとして多数共演。2009~2011年までNHK交響楽団アカデミー生に在籍。ソロを始め、室内楽、オーケストラと様々な分野で活躍中。

 

600_vn%e5%9d%aa%e4%ba%95%e5%a4%8f%e7%be%8e

坪井夏美 Natsumi Tsuboi
 第12回東京音楽コンクール弦楽部門第 1 位及び聴衆賞、2015年マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール第4位、第81回日本音楽コンクール第3位を受賞。これまでに読響、都響、新日本フィル、日本フィル、東京フィル、日本センチュリー、千葉響、九響、芸大フィル等のオーケストラと共演。CHANEL Pygmalion Days 2018参加アーティスト。公益財団法人青山財団2013奨学生、2014年度ヤマハ音楽奨学生、2015-2016年ロームミュージックファンデーション奨学生、江副記念財団第44回奨学生。現在、明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生。2014年より宮崎国際音楽祭にオーケストラメンバーとして参加。小澤国際室内楽アカデミー奥志賀2015-20172016リゾナーレ室内楽講習会に参加。
東京藝術大学附属音楽高等学校、同大学を卒業。学内にて安宅賞・アカンサス音楽賞を受賞、皇居内桃華楽堂御前演奏会に出演。現在同大学院を休学しウィーン市立芸術音楽私立大学の修士課程に在籍。原田幸一郎、漆原朝子、パヴェルヴェルニコフの各氏に師事。
使用楽器は宗次コレクションにより貸与された J.Rocca 1864。 

 

600_vn%e6%88%b8%e4%b8%8a%e7%9c%9e%e9%87%8c

戸上 眞里  Mari Togami
東京芸術大学付属音楽高等学校を経て、同大学を卒業。田中千香士氏に師事。イタリアシエナキジァーナ音楽院夏期セミナーに奨学金を得て参加。アメリカアスペン音楽祭など多数の音楽祭に参加。D.ディレイ、P.ドゥカン、J.ジャリ、N.ブレイニンetc…各氏に師事。東京、京都にてソロリサイタルを開催。京都府知事賞受賞。新日本フィルハーモニー交響楽団、芸大フィルハーモニアと協奏曲を共演。第3回日本室内楽コンクール5位。新日本フィルハーモニー交響楽団ファーストヴァイオリン奏者を経て、現在東京フィルハーモニー交響楽団セカンドヴァイオリン首席奏者。バッハ協会管弦楽団首席奏者。子供のためのコンサート企画「音楽のちから」を結成し、文化庁派遣講師として全国の小学校などで、音楽のちからコンサートを企画展開中。

 

600_vn%e6%88%b8%e5%8e%9f%e7%9b%b4

戸原 直  Nao Tohara
東京藝術大学音楽学部を卒業、同大学大学院を修了。学内で安宅賞、アカンサス賞、同声会賞、大学院アカンサス賞を受賞。2012年第17回コンセール・マロニエ21弦楽器部門第1位。2016年にBISQC(Banff International String Quartet Competition)に参加し、Career Development Awardsを獲得。現在、東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師、藝大フィルハーモニア管弦楽団コンサートマスター。

 

600_vn%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e8%81%a1%e5%b9%b3

ビルマン 聡平  Sohei Birmann
3歳よりヴァイオリンを始める。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業。同大学を経て、ローザンヌ高等音楽院卒業。同大学院修士課程修了。ローザンヌ(スイス)において Sinfonietta de Lausanne のアカデミー課程修了。8歳で京都音楽コンクール金賞奨励賞。全日本学生音楽コンクール(中学の部)第3位入賞。日本演奏家コンクール優勝。YBP国際コンクール優勝。大阪国際コンクール第3位入賞。これまでにザハール・ブロン、ジョルジュ・パウク、イヴリー・ギトリス各氏のマスタークラス受講。墨田トリフォニーホール、八王子オリンパスホール、ホテル日航東京、日野市煉瓦ホール等でソロリサイタルを開催し、好評を博す。ソリストとして、故田中千香士氏指揮のレボリューションアンサンブル、矢野正浩氏 指揮Grand Gala Orchestra OSAKA、Alexander Mayer指揮のSinfonietta de Lausanne 等と共演。ピエール・アモイアル氏率いるCamerata de Lausanneのメンバーとして、ローザンヌ、モスクワ、イスタンブール、パリ等ヨーロッパ各地において演奏会、ツアーを行う。その他にもソロコンサートや室内楽、コンサートマスターとしてなど、多数のコンサートに出演している。2016年1月より、新日本フィルハーモニー交響楽団、契約首席。これまでに山本彰、工藤千博、澤和樹、清水高師、ピエール・アモイアル各氏に師事。

 

600_vn%e6%9d%be%e6%b5%a6%e5%a5%88%e3%80%85

松浦 奈々 Nana Matsuura
七歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学を首席で卒業、読売新聞社主催による新人演奏会に出演。第54回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第三位。第15回宝塚ヴェガ音楽コンクール弦楽器部門第一位。ヴァイオリンを故・工藤千博、原田幸一郎の両氏に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎の両氏に師事。在学中よりソロ、室内楽を中心に活動し、東京クヮルテットをはじめジュリアードQ、フェルメールQ、上海Q、バルトークQ、ギュンター・ピヒラー各氏など数々のマスタークラスを受講。2007年にクァルテットNatsとしてトマス・ツェートマイヤー・クァルテットとサントリーホールにて共演、2009年にはJTアートホールにてレガーメ・クァルテットの第一ヴァイオリンとしてデビューを果たす。これまでに「プロジェクトQ」第1章~4章、JTアートホール室内楽シリーズ、鎌倉ゾリステン、東京アンサンブル、オーケストラMap’s、(財)地域創造公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム、宮崎音楽祭、NHKーFM『リサイタル・ノヴァ』等に出演。2011年8月から2015年3月まで日本センチュリー交響楽団アシスタント・コンサートミストレスを経て、2015年4月より同楽団コンサートマスターに就任。

 

600_vn%e6%9d%be%e7%94%b0

松田 拓之 Hiroyuki Matsuda
1975年山口県生まれ。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。2000年にNHK交響楽団にヴァイオリン奏者として入団。指揮者を置かない室内オーケストラ「ARCUS(アルクス)」を国内第一線で活躍している演奏家たちと結成、2005年3月にデビュー。ひとつのテーマにそって演奏者みずからが企画するというコンサートをおこなっている。また、メンバーが意見を出し合って構成される、「ARCUSファミリーコンサート」や、2・3歳児を対象にした「よちよちワークショップ」等子供向けの意欲的なプログラムにも力を入れている。新日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団などに客演首席奏者として出演。ソロ・室内楽をはじめオーケストラの指揮、指導などの分野にも力を入れている。現在、NHK交響楽団第一ヴァイオリン次席奏者、昭和音楽大学講師、桐朋学園大学オーケストラ特別招聘講師、桐朋学園オーケストラアカデミー講師。これまでにヴァイオリンを辰巳明子、堀正文、指揮を山本七雄、小泉ひろしの各氏に師事。

 

600_vn%e6%b0%b4%e9%b3%a5%e8%b7%af

水鳥 路 Michi Mizutori
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。その後、マンハッタン音楽院に学ぶ。1999年から2002年までロイヤルチェンバーオーケストラのコンサートミストレスを務め、2002年、東京フィルハーモニー交響楽団の首席奏者に就任し、現在に至る。これまでに、タングルウッド音楽祭、サイトウキネンオーケストラヨーロッパ公演、宮崎国際室内楽音楽祭などに参加。ソロ、室内楽の分野においても広く活躍している。



170413_viola

 

600_va%e4%b8%ad%e6%9d%91
中村 洋乃理 Hironori Nakamura
岡山県笠岡市出身。愛知県立芸術大学を経て、東京藝術大学大学院研究科修士課程修了。 第8回日本演奏家コンクール最高位受賞。2011年国際音楽祭ヤングプラハに招かれ、ヤングプラハフェスティバルカルテットとしてチェコ各地にて演奏。これまでにヴィオラを江島幹雄、百武由紀、川崎和憲の各氏に師事。 2007年より2014年まで東京フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラー、現在、NHK交響楽団ヴィオラ次席奏者、ヴィオラカルテット Alto de campagneメンバー。


600_va%e5%8a%a0%e8%97%a4
加藤 大輔 Daisuke Kato
長野県立小諸高等学校音楽科卒業。2004年洗足学園音楽 大学を首席で卒業。優秀賞 を受賞。第74回読売新人 演奏会に出演。パシ フィック・ミュージック・ フェスティバル 、アフィニス 夏の音楽祭に参 加。ヴィオラを加藤晃、武生直子、岡田伸夫の各氏に師事。群馬交響楽団ヴィオラ奏者を経て、2014年12月より東京フィルハーモニー交響楽副首席ヴィオラ奏者。

 

600_va%e7%80%a7%e6%9c%ac%e9%ba%bb%e8%a1%a3%e5%ad%90
瀧本 麻衣子 Maiko Takimoto
東京芸術大学附属高校を経て、東京芸大卒業。シュトュットガルト音楽大学院留学し、アンドラ・ダーツィンスに師事。第10回東京音楽コンクール弦楽器部門第3位。Carl-Wendling 室内楽コンクール第3位(ドイツ)。サイトウキネンオーケストラ、別府アルゲリッチ音楽祭などに参加。ロームミュージックファンデーション海外派遣奨学生。これまでに、ソリストとして、シュトュットガルト室内楽アンサンブル、新日本フィルと協奏曲を共演。また、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京シティーフィルのゲスト首席も務める。これまでにヴィオラを菅沼準二、川本嘉子、アンドラ•ダーツィンスに師事。室内楽を岡山潔、山崎伸子、原田禎夫の各氏に師事。

 

600_va%e6%a3%9a%e6%a9%8b

棚橋 恭子  Kyoko Tanahashi
鳥取市出身。鳥取県立鳥取東高等学校卒業。愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻卒業。小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、オーケストラプロジェクト出演。サイトウ・キネンフェスティバル若い人のための室内楽セミナー出演。鳥取県クラシックアーティストオーディションにて優秀賞受賞。毎年地元鳥取にて、日本を代表する演奏家を鳥取に招いて自主企画のコンサートを開催し、好評を得ている。現在、東京と鳥取を拠点とし、オーケストラ、室内楽、レコーディングなど幅広く活動するかたわら、小中高校などへの訪問演奏、個人レッスンなど、後進の指導にもあたっている。これまでにヴァイオリンを井上民惠、ヴィオラを馬渕昌子、百武由紀、C・ルローン、井野邉大輔の各氏に師事。ヴィオラ四重奏団 Alto de Campagneメンバー。

 

600_va%e5%8f%b6%e6%be%a4%e5%b0%9a%e5%ad%90

叶澤 尚子  Naoko Kanozawa
福島県いわき市出身。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽部門卒業。在学中にヴィオラに転向。第3回横浜国際音楽コンクール第1位。2008年から2012年まで小澤征爾音楽塾オーケストラに参加。同オーケストラ中国ツアー等で首席奏者を務める。その他、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、PMF (パシフィックミュージックフェスティバル)などに参加。2013年よりサイトウキネンオーケストラに参加。その他、2008年に地域創造主催公共ホール活性化アウトリーチフォーラム事業にカルテットゼーレのメンバーとして参加し、現在も同カルテットで全国各地でアウトリーチ活動を行っている。名古屋フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者。

 

600_va%e5%a4%a7%e9%87%8e%e8%8b%a5%e8%8f%9c

大野 若菜  Wakana Ono
1993年東京都出身。2011年、東京藝術大学附属音楽高等学校在学中に第18回ブラームス国際コンクール第1位。高校卒業と同時に渡独、ベルリン国立ハンス・アイスラー音楽大学に入学。2015年より2年間、ベルリン・フィル・カラヤンアカデミーに在籍。ベルリンフィル定期公演の他、ザルツブルク音楽祭、ルツェルン音楽祭、プロムス音楽祭を含むフェスティバル・ツアー、バーデンバーデン・イースター音楽祭、アジア・ツアー、アメリカ・ツアーにも参加し、出演は百回を超えた。2016年5月のベルリンフィル来日公演ではサイモン・ラトル指揮ベートーヴェンの交響曲全曲に出演。また、「アンサンブル・ベルリン」の一員として、ドイツ国内外の公演に参加している。これまでにベルリン、東京、軽井沢、名古屋、ボルツァーノ(イタリア) にてソロコンサート。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。ヴィオラを川﨑和憲、ヴァルター・キュスナー、清水直子、アミハイ・グロシュの各氏に師事。2011~2013年度ヤマハ音楽支援制度音楽奨学生。2012~2013年度Freunde Junger Musiker e.V. Berlin奨学生。平成26年度文化庁新進芸術家海外研修員。2015年度及び2016年度ロームミュージックファンデーション奨学生。2017年2月、文化庁在外研修の成果「明日を担う音楽家たち」にて大井剛史指揮新日本フィルとバルトークの協奏曲を協演。同年10月には東京オペラシティ主催公演「B→C」に出演し、細川俊夫の近作〈ヴィオラのための「息吹き」〉を日本初演。ベルリン在住。

 



170413_cello

600_vc%e6%b8%a1%e9%82%89
渡邉 辰紀 Tatsuki Watanabe
東京藝術大學及びドイツ・デトモルト音楽院卒業ドイツ滞在中は音楽院で学ぶかたわらソロコンサートやオーケストラとの共演等キャリアを積み重ねる。卒業後は北西ドイツフィルハーモニーのソロ・チェリストを10年間務め、2006年夏、計16年間のドイツ生活にピリオドを打ち完全帰国。 東京フィルハーモニーに首席チェリストとして入団。 オーケストラはもとより、ソロ、室内楽、そして内外のジャズフェスティバルで小曽根真、山下洋輔、ニルス・ペデルセン等超一流ジャズミュージシャン達と共演する等多彩な演奏活動は高く評価されている。

600_vc%e5%90%91%e4%ba%95

向井 航 Wataru Mukai
東京藝術大学音楽学部附属音楽高校卒業、東京藝術大学在学中にハンガリー国立リスト音楽院に留学。Vn室屋光一郎と「クラスタシア」を結成、「未だ降りつもる雪」「Unification」など5枚のCDをリリース。久石譲ミニマリズムツアー2009で、ソロチェロとオーケストラのための「Departure」(映画「おくりびと」主題。久石譲指揮)ソリストとして関西フィルと共演。チェロロックバンドCANTHANAでも活躍中。関西フィルハーモニー管弦楽団特別契約首席チェロ奏者。

600_vc%e8%a5%bf%e5%b1%b1%e5%81%a5%e4%b8%80

西山 健一 Kenichi Nishiyama
長野市出身。東京芸術大学附属音楽高等学校を経て東京芸術大学卒業。在学中にアカンサス音楽賞受賞。また芸大オーケストラとブロッホの「シェロモ」を共演。東京芸術大学大学院在学中にNHK交響楽団のオーディションに合格。2003年入団。第4回全日本ビバホールチェロコンクール入賞。これまでに河野文昭、菊地知也、マーティン・レーアの各氏に師事。また、2005年9月より1年間アフィニス文化財団の研修生としてドイツ・ベルリンにて研鑽を積む。現在オーケストラの他に、双子の弟(N響コントラバス奏者)とのデュオ「Duo Twins」やピアノトリオ「Schaffen Trio」のまたアペルト弦楽四重奏団のメンバーとして活動している。

600_vc%e6%b0%b4%e9%87%8e%e7%94%b1%e7%b4%80

水野 由紀 Yuki Mizuno
桐朋学園大学卒業後、同大学研究科修了。2012年大学在学中にCDデビュー。好評を受けて13年11月には2ndアルバムをリリースし好評を博すとともに将来に大きな期待を寄せられた。14年2月にはヤマハホール・コンサート・シリーズにおいて恩師である世界的チェリスト・堤剛氏と共演。また関西フィルハーモニー管弦楽団にゲスト首席として度々招かれている他、14年12月には飯森範親氏指揮・日本センチュリー交響楽団とソリストとして協演し絶賛された。15年9月、4枚目となるアルバムをリリース。



170413_contrabass

 

600_cb%e5%b9%a3

幣 隆太朗 Ryutaro Hei
1999年、兵庫県立西宮高校音楽科卒業、同年、東京藝術大学入学。2001年、渡独。2005年、ヴュルツブルク音楽大学ディプロマ試験を最高得点で卒業。同年ベルリン国立歌劇場オーケストラ(シュターツカペレ・ベルリン)のアカデミー試験に合格、首席指揮者ダニエル・バレンボイム指揮のもと、オーケストラの一員として研鑽を積む。2009年ヴュルツブルク音楽大学マイスタークラスの修了試験を審査員の満場一致で合格、「コントラバスマイスター」の称号を得る。2007年より、シュトゥットガルト放送交響楽団入団。ドイツ国内外でのソロリサイタル、小菅 優、樫本大進、庄司紗矢香、ボリス・ベレゾフスキー、フィリップ・トゥーンドゥル、セバスティアン・マンツなど、 世界を代表するソリストの室内楽の共演等、精力的に活動している。日本では毎夏、日本ツアー帰国リサイタルを開催。2010年よりサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーとして公演に参加。2015年、兵庫県芸術奨励賞、神戸市文化奨励賞受賞。

 

600_cb%e6%9d%be%e6%9c%ac%e5%8f%8b%e6%a8%b9
松本 友樹
  Tomoki Matsumoto
兵庫県朝来市出身。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部を卒業。高校時代の3年間、佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加。小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅩⅢ「子どもと魔法」、セイジオザワ松本フェスティバル「青少年のためのオペラ」、「子供のための音楽会」に出演。2017年、日本演奏家連盟、新進演奏家プロジェクトにて、現田茂夫指揮日本センチュリー交響楽団と協奏曲を共演。大学在学中よりプロオーケストラへの客演をしており、現在はオーケストラの他にも、室内楽、ソロと幅広く活動しており、後進の指導にも力を注いでいる。これまでに、南出信一、吉田秀、黒川冬貴、幣隆太朗の各氏に師事。

 

 

600_cb%e7%86%8a%e8%b0%b7

熊谷 麻弥 Maya Kumagai
東京藝術大学音楽学部器楽科、同大学院修士課程修了。2006年PMF、2007年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅧ、サイトウキネン「若い人のための室内楽勉強会」に参加。2008、2010年サイトウキネンオーケストラ。2013年、平成25年度「文化庁新進芸術家海外研修制度」研修員としてミュンヘンに留学。2009年より東京フィルハーモニー交響楽団。

 

170413_flute

600_fl%e8%8d%92%e5%b7%9d

荒川 洋 Hiroshi Arakawa
国立音楽大学を経て、パリ国立高等音楽院に入学。97年に同音楽院フルート科をプルミエ・プリ(第一位)で卒業。第14回日本管打楽器コンクール入賞。98年小澤征爾に認められ新日本フィルハーモニー交響楽団の副首席、現在に至る。リサイタル活動、室内楽、地域創造のアウトリーチなど幅広く活動。近年、作曲・編曲もてがけ、自作自演ライブの開催や、公演のために地域にゆかりの作品を作曲し、公表を得ている。CD「フレンチ・コンポーザーズ」(08年)はレコード芸術誌特選盤。このCD発売記念コンサートはNHKにより放送された。2011年自作品集CD「インストゥルメンタル・カラーズ」がベルウッド・レコードよりリリース。現在、上野学園大学非常勤講師、沖縄県立芸術大学非常勤講師。

600_fl%e6%96%8e%e8%97%a4%e5%85%89%e6%99%b4

斎藤 光晴 Mitsuharu Saito
東京芸術大学卒業。東京ゾリステン、アンサンブルコルディエにソリストとして出演。宮崎国際音楽祭、北九州国際音楽祭に参加。また、東京シンフォニエッタメンバーとしてスペイン、ドイツ、フランス、エジプト、オランダの音楽祭に出演。これまでにフルートを西郷昌代、小泉剛、佐久間由美子の各氏に、室内楽を山本正治氏に師事。2012年より新日本フィルハーモニー交響楽団契約団員。東京シンフォニエッタメンバー。

 





170413_oboe

 

600_ob%e8%8d%92%e7%b5%b5%e7%90%86%e5%ad%90

荒 絵理子 Eriko Ara
東京音楽大学卒業。第19回日本管打楽器コンクール第4位。第73回日本音楽コンクール審査委員満場一致で第1位、併せて聴衆賞、E.ナカミチ賞。2002~2007年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに参加。2005~2006年N響アカデミー生。今までに水戸室内管弦楽団、サイトウキネンフェスティバルなどに参加。これまでに似鳥健彦、和久井仁、小林裕、広田智之、宮本文昭の各氏に師事。2009年度第20回出光音楽賞受賞。現在、東京交響楽団首席オーボエ奏者。

 

600_ob%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e5%bc%a5%e5%b7%9e%e5%a4%ab

大島弥州夫  Yasuo Oshima
大阪音楽大学を首席卒業後、東京音楽大学研究科にて宮本文昭、広田智之、古部賢一の各氏に師事。 小澤征爾音楽塾、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団、霧島国際音楽祭等に参加。 NHK-FM「名曲リサイタル」出演。ソリストとしても様々なオーケストラと共演。 特に、いずみシンフォニエッタ大阪定期演奏会でのべリオ作曲「シュマンⅣ~オーボエと弦楽のための」では各方面より絶賛された。 兵庫県立芸術文化センター主催「ワンコインコンサート」、同センター管弦楽団とR・シュトラウス・オーボエ協奏曲を共演した「ドリーム・コンチェルト」、東京オペラシティ文化財団主催リサイタルシリーズ「B→C」に出演。現在、いずみホールのレジデントオーケストラ「いずみシンフォニエッタ大阪」メンバー、大阪フィルハーモニー交響楽団オーボエ奏者。 大阪音楽大学非常勤講師。




170413_clarinet

600_cl%e4%ba%80%e4%ba%95
亀井 良信 Yoshinobu Kamei
父の手ほどきでクラリネットを始める。桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、渡仏。ブーレーズに認められ、騎馬オペラZINGARO のソリストを務めた。2003年帰国後はソロ、室内楽奏者として各地で活動している。2012年リリースのフランス人作曲家集CD「Rhapsodie」は「レコード芸術」特選盤に選ばれる。出光音楽賞、アリオン音楽賞ほか受賞多数。桐朋学園大学准教授、東京音楽大学、洗足学園音楽大学で後進の指導にあたっている。

 

600_cl_%e8%8a%b3%e8%b3%80%e5%8f%b2%e5%be%b3

芳賀 史徳  Fuminori Haga
東京芸術大学音楽学部器楽科卒業後、渡仏。オーベルヴィリエ・ラ・クールヌーヴ地方国立音楽院 卒業。第2回 ヤングクラリネッティストコンクール 第1位。第6回 日本クラリネットコンクール 入選。第78回 日本音楽コンクール クラリネット部門 入選。第27回 日本管打楽器コンクール クラリネット部門 第1位。JTアート室内楽シリーズ、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、等に出演。尾高忠明指揮、東京ニューシティ管弦楽団と共演。これまでに、千石進、日比野裕幸、山本正治、鈴木良昭、亀井良信、A.ダミアン、A.シャボ、N.バルデルーの各氏に師事。現在、日本フィルハーモニー交響楽団副首席クラリネット奏者を経て、読売日本交響楽団契約団員 (〜2017年9月)。洗足学園音楽大学非常勤講師。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。


 
170413_basson

 

600_fg%e7%a6%8f%e5%a3%ab%e3%83%9e%e3%83%aa%e5%ad%90
福士 マリ子  Mariko Fukushi
2009年東京芸術大学をアカンサス音楽賞を受賞し首席で卒業。皇居内桃華学堂において御前演奏を行う。第27回日本管打楽器コンクールファゴット部門第1位。併せて特別大賞を受賞。第23回出光音楽賞、第24回新日鉄住金音楽賞を受賞する。ソリストとして東響、東京フィル等と共演。東京オペラシティ主催「B→Cリサイタルシリーズ」、NHK-FMや音楽祭等にも出演。現在、東京交響楽団首席ファゴット奏者。洗足学園音楽大学非常勤講師。

 

600_fg%e5%90%9b%e5%a1%9a
君塚 広明 Hiroaki Kimizuka
東京音楽大学卒業。卒業後、桐朋学園大学にて嘱託演奏員を8年間務める。ファゴットを霧生吉秀、水谷上総、菅原眸、前田信吉の各氏に師事。都内を中心にオーケストラ、ウインドオーケストラのエキストラとして活動中。





170413_horn

600_hrn%e7%a6%8f%e5%b7%9d
福川 伸陽 Nobuaki Fukukawa
第77回日本音楽コンクール第1位受賞。NHK交響楽団首席奏者として活躍する一方、ソリストとしても積極的な活動を展開。全国各地のホール主催のコンサートにも数多く招かれており「ラ・フォル・ジュルネ」「東京・春・音楽祭」などの音楽祭にも多数出演。また「N響精鋭メンバーによるハルモニームジーク」「東京六人組」など室内楽の分野でも活躍。キングレコードより3枚のソロCDをリリースしている。

600_hrn%e6%97%a5%e6%af%94%e9%87%8e
日比野 美穂 Miho Hibino
東京芸術大学卒業、ホルンを守山光三、日高剛、西條貴人の各氏に師事。2012年よりベルリン芸術大学にて、C.F.ダルマンに師事。同大学学部卒業リサイタルにおいて最高点で卒業。学部在学中よりドイツ国内、ブラウンシュウ”ァイク州立歌劇場にて、研修生として2、3番奏者、その後ドレスデン国立歌劇場(Staatskapelle Dresden)アカデミー生として研鑽を積む。2015年8月より、同歌劇場4、2番奏者契約団員。現在もベルリン芸術大学修士過程に在学中。

 

600_hrn%e8%b1%8a%e7%94%b0%e5%ae%9f%e5%8a%a0

豊田 美加  Mika Toyoda
千葉県出身。習志野市立習志野高校、東京藝術大学卒業。同大学モーニングコンサート、第82回読売新人演奏会、JTアフタヌーンコンサート等に出演。第1回日本ホルンコンクール第3位。サイトウ・キネン『若い人のための室内楽勉強会』参加。第80回日本音楽コンクール入選。ホルンを丸山勉、守山光三、西條貴人、日高剛の各氏に、室内楽を稲川榮一、守山光三、河村幹子の各氏に師事。2012年7月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約団員を経て、2013年11月より同楽団首席ホルン奏者。

 


170413_trumpet

 

600_tp%e9%95%b7%e8%b0%b7%e5%b7%9d%e6%99%ba%e4%b9%8b

長谷川 智之  Tomoyuki Hasegawa
北海道函館市生まれ。東京藝術大学音楽学部卒業。これまでにトランペットを杉木峯夫、松田次史、関山幸弘の各氏に師事。第22回日本管打楽器コンクール第2位、第75回日本音楽コンクール第1位および岩谷賞(聴衆賞)受賞。NHK-FM名曲リサイタルに出演。ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団とハイドン作曲トランペット協奏曲、トマジ作曲トランペット協奏曲を共演。東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者を経て、2016年2月よりNHK交響楽団契約団員。洗足学園音楽大学客員教授、愛知県立芸術大学非常勤講師。

 

600_tp%e5%ae%89%e8%97%a4
安藤 友樹 Tomoki Ando
宮城県石巻市生まれ。東京芸術大学卒業。第16回大曲新人音楽祭コンクール優秀賞。日演連主催のオーディションに合格しアルチュニアンのトランペット協奏曲を仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。 ハイドンのトランペット協奏曲をオーケストラ北日本と共演。別府アルゲリッチ音楽祭、アフィニス夏の音楽祭にオーケストラメンバーとして参加。トランペットを杉木峯夫氏、津堅直弘氏、森岡正典氏、井川明彦氏に師事。東京フィルハーモニー交響楽団トランペット奏者を経て、2016年6月よりNHK交響楽団契約団員。エマーノンブラスクインテットメンバー。


170413_timpani

600_timp%e5%b2%a1%e7%94%b0
岡田 全弘 Masahiro Okada
東京芸術大学卒業。読売日本交響楽団首席ティンパニ奏者。上野学園大学客員教授。武蔵野音楽大学非常勤講師。1997年にウィーンへ留学。2013年から指揮者チョン・ミョン・フン氏によるアジアフィルに参加。2014年2月に上野学園大学ウインドアンサンブル演奏会にてテーリヒェンのティンパニ協奏曲(吹奏楽編曲版)を演奏。6月に2台ピアノと打楽器の曲を集めたコンサートでバルトークのソナタを演奏。



170413%ef%bc%bfpercussion

600_perc%e9%ab%98%e6%a9%8b

高橋 篤史 Atsushi Takahashi
荒浪都美、島貫利博、安倍圭子の各氏に師事。関西を中心に全国各地の楽団に客演。海外ツアーや「プラハの春」等の音楽祭にも参加。また室内楽やリサイタル、CD録音、コンクールの審査も務め、ドレスデン・フィル等海外オケの来日公演にも客演している。チェコの名指揮者V.ヴァーレク氏から「音質、テクニック共にファーストクラス」と、シカゴ響首席ティンパニストのD.ハーバート氏からは「絵画的な芸術センス」と賞賛された。相愛大学音楽学部非常勤講師。関西打楽器協会理事。

 

ページの先頭へ