ニュース一覧

【アートメントNAGANO 2017】公式Tシャツデザイン募集開始!

トピックス

tshirts_artment

 

あなたのデザインがアートメントNAGANO2017の公式Tシャツとして採用されるかも!?

「Tシャツデザインプロジェクト」募集開始!

街の盛り上がりの一環として作品を募集し、採用された暁にはスタッフ着用はもちろんのこと「ナガノ・チェンバー・オーケストラ」のメンバーがコンサートで着用するなど、アートメント期間中、あなたのデザインで街を彩りませんか!?

さらに受賞特典として、番組内でTシャツの紹介、受賞デザイン入りTシャツ・公演チケットなどをプレゼント予定!

皆様のたくさんのご応募お待ちしております!


詳しい応募方法はこちらから

http://artment.nagano-arts.or.jp/t-shirt/

長野市芸術館 開館1周年を迎えました

トピックス

本日、5月8日、長野市芸術館は開館1周年を迎えることができました。多くの皆さまに足を運んでいただけたこと、誠に感謝いたします。開館1年を迎え、とりわけ次の新しい1年は、子どもたちをはじめ市民の皆さまに、クラシック音楽キャラバンなどのアウトリーチ等を通じて、より参加していただけるような運営を目指したいと思います。また、より多くのご利用をいただけるよう、更に邁進して参りたいと思います。引き続き、長野市芸術館をよろしくお願い致します。
長野市芸術館

Happy 1st anniversary of the opening of our NCAC !!
– Nagano City Arts Center

【アートメントNAGANO 2017】NCO第4回・第5回定期演奏会 PVを公開

トピックス

【アートメントNAGANO 2017】
「ナガノ・チェンバー・オーケストラ(NCO)第4回定期演奏会」
芸術監督・久石譲が長野市芸術館でプロデュースする室内オーケストラの第4回定期演奏会。前回の演奏会は、一般席がソールドアウトとなり大好評を博しました。久石自らの指揮で、①ベートーヴェン、②ミニマル・ミュージックを中心とした現代の音楽、③バロック以前の古楽曲のリバイバルという3つの軸で展開していきます。また、毎回、長野市内の小学生を対象にピックアップメンバーがアウトリーチ公演にでかけたり、オーケストラリハーサルの一部を無料公開し、未来の聴衆を育てることも継続していきます。ソリストには、久石と旧知の間柄で今回初共演となる、ピアニストの横山幸雄が登場。
==========================
■日時:7月15日[土]15:00
■会場:長野市芸術館メインホール
■出演:久石 譲(指揮)、ナガノ・チェンバー・オーケストラ、横山幸雄(ピアノ)
■料金:S席 ¥5,000 A席 ¥4,000 B席 ¥3,000 C席 ¥2,000(全席指定)
==========================
プログラム等、公演詳細はこちらより▼
http://artment.nagano-arts.or.jp/program/program08.html

「ナガノ・チェンバー・オーケストラ(NCO)第5回定期演奏会」
NCO第5回定期演奏会では、2015年に日本テレビから委嘱され作曲した、久石のコントラバス協奏曲が再演されます。ソリストは、久石が最も信頼を置く、読売日本交響楽団ソロ・コントラバス奏者の石川滋。ベートーヴェンの交響曲は、人気の高い第6番「田園」。
==========================
■日時:7月17日[月・祝]15:00
■会場:長野市芸術館メインホール
■出演:久石 譲(指揮)、ナガノ・チェンバー・オーケストラ、横山幸雄(ピアノ)
■料金:S席 ¥5,000 A席 ¥4,000 B席 ¥3,000 C席 ¥2,000(全席指定)
==========================
プログラム等、公演詳細はこちらより▼
http://artment.nagano-arts.or.jp/program/program12.html

【アートメントNAGANO 2017】NCO第4回・第5回定期演奏会 メンバー発表

トピックス

Print

7月15日[土] 15:00 長野市芸術館メインホール
ナガノ・チェンバー・オーケストラ 第4回定期演奏会

7月17日[月・祝] 15:00 長野市芸術館メインホール
ナガノ・チェンバー・オーケストラ 第5回定期演奏会

ナガノ・チェンバー・オーケストラのメンバーを発表します。
詳細はこちらをご覧ください▼
https://www.nagano-arts.or.jp/?p=6367

【アートメントNAGANO 2017】特設ウェブサイト オープン

トピックス

「アートメントNAGANO 2017」の特設ウェブサイトがオープンしました。
公演詳細情報から、チケット購入の入り口にも。
また、これからの最新情報をこちらにアップしていきます。

ぜひ、ご覧ください!
こちらをクリック▼
http://artment.nagano-arts.or.jp/

【アートメントNAGANO 2017】明日よりチケット先行発売開始!

トピックス

bnr-artment_fb
 
明日AM10時よりNCACチケットオンラインで、チケット先行発売を開始いたします! ※公演一部除く
気になっている公演、良い席をお早めに!
 

【アートメントNAGANO 2017】詳細情報を先行でアップ!

トピックス

長野市から発信する夏の音楽フェスティバル「アートメントNAGANO 2017」が
今年もやってきます!

特設ウェブサイトも現在準備中。先行で情報をこちらでアップいたします。

一部の公演を除き、チケット発売は、
4月20日(木)10:00〜 NCACチケットオンライン先行発売
4月22日(土)10:00〜 一般発売

ぜひ、ご覧ください!

artmetn01artment02artment03

 

artment04

artment05artment06artment07artment08artment09artment10artment11artment12artment13artment14artment15artment16artment17

舘野 泉ピアノ・リサイタル「左手の世界」アンコール曲

トピックス

170415_m0019066170415_m4tz2656

舘野 泉ピアノ・リサイタル「左手の世界」が先ほど終演。メインホールは、ピュアで透明な旋律が紡ぎ出される“舘野 泉の音楽” で溢れ、素晴らしい時間となりました。お越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました。
アンコール曲は以下です。
 ・山田耕筰/梶谷修: 赤とんぼ
 ・カッチーニ: アヴェ・マリア

 

【ナガノ・チェンバー・オーケストラ】ウェブサイトがオープン!

トピックス

nco_web_600

ナガノ・チェンバー・オーケストラ(NCO)のウェブサイトがオープンしました。

http://www.nco-nagano.jp/

公演情報・ニュース・NCOやメンバーの紹介など、
今後、こちらに随時アップしていきますので、どうぞお楽しみに!

長野市芸術館のウェブサイトでも情報をリンクしてお届けします。

明日よりNチケオンライン先行発売開始!【ハインツ・ホリガーとその仲間たち】

トピックス

17.02ホリガー表面4

 

明日よりNチケオンライン先行発売開始!

—————–
【NCACチケットオンライン先行発売】
2017年3/16(木)10:00〜
【一般発売】
2017年3/18(土)10:00〜
—————–

世界最高峰のオーボエ奏者であり、作曲家、指揮者としても活躍するハインツ・ホリガーが、ヨーロッパと日本から彼が信頼するオーボエ奏者を招き、さらに東洋の伝統楽器である笙奏者でホリガーが愛してやまない宮田まゆみを迎えて、魅力的かつ独創的なプログラムを長野市芸術館で披露します。
プログラムの中には、親交のあった日本を代表する作曲家・武満徹がホリガーのために書いた《オーボエと笙のためのディスタンス》や、ホリガー自身が愛弟子であるシュプバッハに捧げた《エール》も含まれており興味は尽きません。
ギュっとした濃密体験を、リサイタルホールで。贅沢に。ぜひ。


ハインツ・ホリガー (オーボエ/作曲) 
Heinz Holliger, oboe / compose
ハインツ・ホリガーは、現代の最も多彩で非凡な音楽家の一人といえる。彼は、ジュネーブやミュンヘンの国際オーボエコンクールで優勝して後、すぐに5大陸の主要なコンサート・ホールで演奏し始めた無比の国際キャリアの持ち主である。また、指揮者として、長年ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ヨーロッパ室内管弦楽団などの世界の主要なオーケストラや室内楽団と共演している。作曲家としても評価が高く、2015年にはサントリーホールから委嘱を受け、自身の指揮で作品を披露した。ザルツブルク音楽祭では、2012年にレジデント・アーティストとして作曲家、オーボエ奏者、指揮者として活躍した。多くのCDがテルデック、フィリップス、ECMレーベル、SWR/ヘンスラー・レーベルから発売している。 

マリー=リーゼ・シュプバッハ (オーボエ/イングリッシュホルン) 
Marie-Lise Schüpbach / englishhorn
チューリッヒ生まれ。オーボエをマルセル・サイエ とアンドレ・ラウルに師事する。その後、ドイツのフライブルクにてハインツ・ホリガーに師事、音楽院を卒業。ケルン放送交響楽団にてオーケストラでのキャリアを始める。1979年にソロ・コーラングレ奏者としてミュンヘンのバイエルン放送交響楽団に入団。一方、ベルリン・フィルやウィーン・フィルにも客演奏者として招かれるほか、ルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーとしても活躍。2008年には、バイエルン放送交響楽団の仲間と共に、室内楽フェスティバル〝erstKlassik am Sarnersee″を創設し、著名な演奏家たちと共に魅力あふれるコンサートを披露している。

荒木奏美 (オーボエ)  
Kanami Araki, oboe
2015年、第11回ソニー国際オーボエコンクール・軽井沢において審査員満場一致で日本人初の第1位(大賀賞)、聴衆賞(軽井沢町長賞)を受賞した期待の若手オーボエ奏者。これまでに数多くのコンクールに優勝、入賞を重ね大きな栄冠を勝ち得た。1993年生まれ。茨城県出身。9歳よりオーボエを始める。東京藝術大学を首席で卒業後、同大学院修士課程で研鑽を続けながら2015年6月より東京交響楽団首席オーボエ奏者を務めている。 これまでにオーボエを坂本真紀、成田恵子、和久井仁、小畑善昭、青山聖樹の各氏に師事。

宮田まゆみ (笙)  
Mayumi Miyata, sho
東洋の伝統楽器「笙」を国際的に広めた第一人者。古典雅楽はもとより、武満徹、ジョン・ケージ、細川俊夫など現代作品の初演も数多く、小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラ、C. デュトワ指揮N響、A. プレヴィン指揮ニューヨーク・フィル、V. アシュケナージ指揮チェコ・フィル、大野和士指揮ベルギー王立歌劇場管、J. ノット指揮バンベルク響、BBC響、WRDケルン放送響ほか国内外のトップオーケストラと数多く共演。加えて、ザルツブルク、ウィーン・モデルン、ルツェルン、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、パリの秋、アヴィニヨン、ダルムシュタット、ドナウエッシンゲン、タングルウッドをはじめとする各国の音楽祭への参加、ウィーン、パリ、アムステルダム、ミラノ、ニューヨークなどでのリサイタルと幅広く活躍している。

■料金
¥5,000(全席指定・税込)

詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/?p=5786

ページの先頭へ