ニュース一覧

【加藤昌則のぶっとび!クラシック[作曲家編]】全4回講座

イベント情報

buttobi_640

 

【加藤昌則のぶっとび!クラシック[作曲家編]】全4回講座
クラシックの奥深い世界への“とびら”を作曲家・ピアニストの加藤昌則が、ひとつ、ふたつと開けちゃうレクチャー講座です!
「バッハはなぜ音楽の父と呼ばれているの?」「モーツァルトのトルコ行進曲は、なぜトルコなの?」「ベートーヴェンはメロディをつくるのが苦手だったって本当!?」「ソナタ形式ってなに!?」などなど、作曲家に焦点を当てて素朴な疑問を解決します!
クラシック初めての方も慣れている方も関係なし。作曲家の実像に触れ、作品の偉大さにワクワクし、作曲家と作品をより身近に感じていただける、またとないチャンス!!
受講後に訪れるコンサートが、今までとは別次元の興奮と歓喜に満ちた瞬間となること間違いなし!! 10月から1月まで、月1回の全4回シリーズ。ぜひご期待ください!!
==========
■長野市芸術館チケットオンライン先行発売
 2018年8月16日[木]10:00〜
■一般発売
 2018年8月18日[土]10:00〜
==========
プログラム
【1時間目】10月31日(水)「バッハ」
・なぜバッハは「音楽の父」と呼ばれているの?
・バッハといえば必ず出てくる、「平均律」ってなに?
・どうして「G線上」のアリアなの?

【2時間目】11月28日(水)「モーツァルト」
・なぜモーツァルトは貧乏だったの?
・「トルコ行進曲」のなにが「トルコ」なの?
・妻とのコンスタンツェはどうして「悪妻」と呼ばれているの?

【3時間目】12月26日(水)「ベートーヴェン」
・なぜベートーヴェンがクラシック音楽の方向性を決めたといわれているの?
・ソナタ形式ってなに?
・ベートーヴェンはメロディを作るのが苦手だったって本当!?

【4時間目】2019年1月30日(水)「シューベルトvsシューマン」
・シューベルトのシューマンの作品、それぞれの特徴とは?
・シューベルトとシューマンの歌曲で比べてみましょう。
・交響曲で見る二人の特質
==========
時間:すべて18:30開演
会場:長野市芸術館リサイタルホール
料金:各回:500円/4回セット券:1,600円/高校生以下:無料(要入場整理券)
※入場整理券は、長野市芸術館チケットセンターにて受付。
==========
講座の詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/buttobi_01/

【デーモン閣下と一噌幸弘が贈る能楽入門コンサート「幽玄悪魔」】明日10:00よりチケット先行発売!

イベント情報

181117_yugen-akuma

 

【デーモン閣下と一噌幸弘が贈る能楽入門コンサート「幽玄悪魔」】
明日10:00より先行発売開始です!
安土桃山時代から続く一噌流笛方と悪魔界を代表するビッグアーティストの共演!
各方面で才能発揮のデーモン閣下。ロックや相撲解説のイメージが強いですが、実は日本の伝統芸能に造詣が深く、30年間以上共演活動を続けています。
安土桃山時代から続く笛方・一噌幸弘は能楽古典の第一線で活躍しながら、自作曲や民族音楽・ジャズ・即興も演奏し、ジャンルを超えた活動を行っています。
その両名が「幽玄悪魔」と銘打つ今公演では相見え、能楽の魅力と可能性を広く一般の方に伝える舞台をプロデュース。閣下の分かりやすい解説とともに、前半で歴史的な能楽の演目・古典曲を披露し、後半では「未来に向けた現代の新作能楽」が和洋の一流演者との大セッションを通じて展開されます。「硬い」という先入観を覆す能楽エンタテインメントの最新境地をご堪能ください。
——————————–
デーモン閣下と一噌幸弘が贈る能楽入門コンサート「幽玄悪魔」
日時:2018年11月17日[土] 15:00開演
会場:長野市芸術館メインホール
料金:【一般】S席:¥4,000、A席:¥3,000
【25歳以下チケット】S席:¥2,000、A席:¥1,500(全席指定・税込)
プログラム:深山幻想記
      能楽古典『三番三』(鈴ノ段)
      魔王(シューベルト)  ほか
——————————–
公演詳細はこちらより▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/yugen_akuma/

【ともとものガラクタ音楽会】いよいよ明日10:00よりチケット先行発売開始!

イベント情報

Print

 

【ともとものガラクタ音楽会】
いよいよ明日10:00よりチケット先行発売開始です!
0歳から入場OKコンサート第2弾!!家族みんなで楽しもう!!

ゴミじゃない、鳴らせば楽器。
普段、何気なく見ているものから意外な音が!まさかの楽器か!誰もが見たことのある生活廃品から楽器を創り出し、音楽の身近さや楽しさを伝える新感覚のパフォーマンス。ともともワールド全開のステージは、年齢を問わず、一緒に演奏したり身体を動かしたり大笑いしたり大興奮の50分。
==========
ともとものガラクタ音楽会
■日時:10月21日[日]11:00開演
■会場:長野市芸術館アクトスペース
■出演:山口とも(打楽器)日本廃品打楽器協会会長
■料金:一般¥1,000、こども(3歳〜中学生)¥500(全席自由・税込)
※0歳から入場可能。
※0歳から2歳のお子様は保護者一人につき、一人までひざ上鑑賞が無料で可能。
==========
詳細はこちらより▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/181021_tomotomo/

【オーケストラでめぐる世界音楽の旅 Vol.3「チェコ」小林研一郎 指揮 東京都交響楽団】

イベント情報

kobaken_180623

本日10:00より、Nチケ会員先行発売開始!
毎年大好評を博している、この世界旅行。オーケストラでめぐる世界音楽の旅、第3弾は、「チェコ」です。
”炎のコバケン“こと、小林研一郎をマエストロに迎え、《首都東京の音楽大使》として来る東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて文化芸術の活性化を目指している名コンビ、東京都交響楽団が長野市芸術館に初登場。コバケン渾身のオール・ドヴォルザーク・プログラムでチェコを感じていただきます。
そして、チェロ協奏曲のソリストには、今世界が最も注目する、新進気鋭の実力派若手チェリスト、岡本侑也が大抜擢されました。熟練の熱き炎とフレッシュな風がスラヴの世界をどのように創り上げるのか、ぜひご注目を!
===========
【オーケストラでめぐる世界音楽の旅 Vol.3「チェコ」小林研一郎 指揮 東京都交響楽団】
■10月8日(月・祝)15:00開演
会場:メインホール
出演:小林研一郎(指揮)、岡本侑也(チェロ)、東京都交響楽団
料金:一般/S:¥6,000 A:¥5,000 B:¥4,000 C:¥3,000、 U-25/S:¥3,000 A:¥2,500 B:¥2,000 C:¥1,500(全席指定・税込)
▼詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/181008_czech/
===========

【アートメントNAGANO 2018】「善光寺 de 音楽数珠つなぎ」

イベント情報

juzu_web

 

【アートメントNAGANO 2018】「善光寺 de 音楽数珠つなぎ」
善光寺界隈でミニ・コンサートやります!!
鑑賞無料!雨天決行!
==========
■7月9日(月) 善光寺 大勧進・前
 10:00〜 Everly [ 渡辺健太(オーボエ)&仲宗根朝将(ギター)]
 10:20〜 渡辺幸絵(フルート)&竹内遥香(アイリッシュ・ハープ)
■7月10日(火) 善光寺 大本願・前
 10:00〜 高山賢人(二胡)
 10:20〜 汐入規予(ヴォーカル)
■7月11日(水) 善光寺 白蓮坊・前
 10:00〜 田中美恵子(ヴァイオリン)&高久史子(ピアノ)
 10:20〜 渡辺幸絵(フルート)&竹内遥香(アイリッシュ・ハープ)
==========
県内・市内アーティストや長野市芸術館公演に参加するアーティストが、善光寺の各所で様々なジャンルの音楽を15分ずつリレー演奏するミニ・奉納コンサートです。芸術館の外でも演奏を届けて「音楽する楽しさ」を皆様にお伝えします!!皆様もアーティストとともに音楽数珠つなぎにご参加ください!!

 

 

■渡辺幸絵(フルート) Sachie Watanabe, flute
12歳よりフルートを始める。これまでに、堀井恵、虎谷朋子、岩村芳衣の各氏に師事。20歳で渡欧し、ウィーン・イタリアのマスタークラスを受講。帰国後も講習会に参加するなど研鑽を積む。マスタークラスにて、T.ハッチンス、R.エイトケン、W.トリップ、G.ノヴァ各氏のレッスンを受講。第27回日本クラシック音楽コンクール全国大会出場。2015年、様々なジャンルで活躍するフルーティスト坂上領氏との出会いをきっかけにBOSSA NOVAやJAZZ、POPSの演奏を始め、ライブ活動を展開。自宅教室を中心に、島村楽器長野店、西沢楽器(千曲市屋代)、マイガッキ(上田市)でもフルート講師オカリナ講師として活動中。

■竹内遥香(ハープ) Haruka Takeuchi, harp
東御市出身、在住。グランドハープを15歳より始める。上田高等学校卒業。2016年、昭和音楽大学器楽学科弦菅打楽器コース卒業。これまでにハープを原口久子、山崎祐介の各氏に師事。平成28年度長野県新人演奏会、第37回松本市音楽文化ホール新人演奏会に出演。第6回あづみの新進演奏家公開オーディションに合格。ジョイントコンサートに出演。第68回長野県植樹祭において、アトラクション演奏を行う。2017年、安曇野髙橋節郎記念美術館 企画展「夜のミュージアム」においてソロコンサートを行う。現在は主に長野県内で演奏活動を行う傍ら、後進の育成にも力を注ぐ。美鈴楽器ミュージックスクール ハープ教室講師。長野件若手芸術家支援事業「next」登録アーティスト。

■高山賢人(二胡) Kento Takayama, niko
1992年、長野県生まれ。小学校時代、中国伝統楽器「二胡」の魅力にとりつかれ、独学で学び始める。
中学在学中に初めて人前で演奏を披露し、音楽を届ける事の喜びと感動を見つけ、奏者としての道を歩み始める。若者ならではの演奏スタイルでありながら人々の心に染み入る凛とした音色は大きな反響を呼び、 各地でイベントやコンサート、メディア等に数多く出演。2012年には初めて海を渡り本場・中国へ。鎮江市が主催する日中友好を目的としたコンサートにおいて日本人二胡奏者として演奏を披露し、好評を博した。ジャンルにとらわれない自由なステージは幅広い年齢層から支持を集めており、ソロ活動のほか、 国内外のミュージシャンや世界各国の伝統音楽・伝統楽器とのコラボレーションにも精力的に取り組む。二胡の演奏家として、また一人のアーティストとして、独自のスタイルを追求しつづけている。

■汐入規予(ヴォーカル)  
長野市出身。音大在学中から歌手活動を始め、シャンソンやジャズ・ポップス等マルチに歌い卒業と同時期にプロ活動をスタート。都内シャンソニエやライブハウス、イベントなど多数出演。2010年から世界的ギタリスト吉田次郎氏と活動を行う。2011年にはニューヨークでレコーディングしたアルバム「たったひとりのあなたに」をリリース。2014年4月からFM長野「汐入規予I’m with you」でパーソナリティを務める。2015年プロ野球公式戦で国歌斉唱。2018年6月27日セカンドアルバム 「A sense of nostalgia」をリリース。
また、ボイストレーナーとしても活躍中で、現在は美鈴楽器、アイミュージックスクール、ヨークカルチャーセンター、overtone音楽教室で指導。音楽のジャンルにとらわれずに幅広く歌い、ピアノ、フルート、アコーディオンなども演奏する。


■Ritmus(リトゥムシュ)
【田中美恵子(ヴァイオリン)&高久史子(ピアノ)】
■田中 美恵子(ヴァイオリン)
上田市出身、上田市在住。武蔵野音楽大学ヴィオラ専攻卒業。大学在学中、ヨーロッパ研修演奏旅行に選抜参加。平成5年 NTT新人演奏会に出演。同年より都内の主要プロオーケストラの演奏要員としてフリーランスで出演する傍ら、長野県内ではensemble NOVA オーケストラ、軽井沢アマデウスバンドのヴィオラ奏者。2016年5月に、モーツアルトの『魔笛』をクラシックギターとヴァイオリンのトリオでCDをリリース。軽井沢ファミリーオーケストラ弦楽器トレーナー。日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門審査員。ヴァイオリンを室谷高広。ヴィオラを故.ウルリッヒ・コッホの各氏に師事。

■髙久史子(ピアノ、電子ピアノ)
千曲市出身、千曲市在住。幼少よりピアノと電子オルガンを学ぶ。ピアノを山田彰一氏・武井美智子氏に師事。電子オルガンを堀ゆか里氏に師事。高校卒業後ハンガリー共和国ペーチ市ヤーヌス・パンノニウス大学音楽科へ留学。ハンガリーではピアノをゲルー・パール氏。室内楽をキルチ・ラースロー氏に師事。帰国後は母の主宰する髙久音楽教室にて後進の指導にあたる傍ら、二胡奏者:高山賢人氏の伴奏を中心に、様々なアーティストのサポートを務める一方、自身も所属するクアトロアルコイリス、ユニットRitmusでも精力的に演奏活動を展開中。

【親子のためのクラシックコンサート「音楽の絵本」】 Nチケ会員先行発売中!

イベント情報

Print

 

【親子のためのクラシックコンサート「音楽の絵本」】
Nチケ会員先行発売中!明日より一般発売開始です!
今年も長野市芸術館にやって来る♪
ようこそ、動物たちによる不思議なコンサートへ!
0歳から入場OKコンサート第1弾!!
親子のためのクラシックコンサート!
小さな子どもたちにとって、クラシック音楽における絵本のような役割ができれば・・・と考えられ十数年前に誕生した『音楽の絵本』コンサート。指揮者のオカピをはじめ、演奏するのはすべて絶滅危惧種の希少動物という金管五重奏団「ズーラシアンブラス」。うさぎ四姉妹の弦楽四重奏団「弦うさぎ」。
この、凄腕の動物たち。姿かたちはユーモラスでも演奏はとびっきりの一級品!妥協はしません!舞台転換を手伝う、はたらくトリさんも必見!本格的なクラシック音楽からアニメや童謡まで盛りだくさんの異なるプログラムで、長野市を盛り上げます!!
======
親子のためのクラシックコンサート「音楽の絵本」
日時:2018年9月22日[土] 10:30開演
会場:長野市芸術館メインホール
出演:ズーラシアンブラス(金管五重奏)、弦うさぎ(弦楽四重奏)
料金:¥2,000(税込・全席指定)※0歳から入場可能※ひざ上鑑賞1名無料
—–
公演詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/180922_zoorasian/

【ユベール・スダーン 指揮 アンサンブル・ノーヴァ】 本日よりNチケ会員先行発売開始!

イベント情報

180917_hubertsoudant_640

 

【ユベール・スダーン 指揮 アンサンブル・ノーヴァ】
本日よりNチケ会員先行発売開始!

長野が生んだ長野所縁のオーケストラを世界の巨匠が振る!!
昨年10月に開催して大好評を博した、長野県を主軸に活動するensemble NOVA公演。今年は欧州の名だたる名門オーケストラを指揮し、日本でも2004年から10年間、音楽監督として東京交響楽団を牽引してきた名匠ユベール・スダーンを長野に迎えます。
プログラムは、前半がオーストリア・ドイツ、後半がフランスの作品という盛りだくさんの内容。ソリストとして、須坂市出身のホルン奏者・水野信行と、昨年のリサイタルでたくさんのファンを魅了したレジェンド・ピアニスト舘野泉が登場。2曲のコンチェルトもお楽しみいただけます。
======
ユベール・スダーン 指揮 アンサンブル・ノーヴァ
日時:2018年9月17日[月・祝]14:00開演
会場:長野市芸術館メインホール
出演:ユベール・スダーン(指揮)、水野信行(ホルン)、舘野 泉(ピアノ)、アンサンブル・ノーヴァ
料金:一般 ¥4,000 学生(大学生以下)¥1,000(全席指定・税込)
—–
公演詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/saudant/

8月25日(土)公演『不思議の国のアリス』、本日より一般発売開始

イベント情報

不思議の国のアリス_松本_3

長野市芸術館アクトスペースが、不思議の国に様変わり!
8月25日(土)公演の『不思議の国のアリス』、本日より一般発売開始です!

mm0251d

mm0109d

2017年夏にKAAT神奈川芸術劇場にて企画製作・上演された本作。オリジナルの舞台と客席により、大人も子供も不思議の国に迷い込んだかのような体験ができる、まさにワンダーランドが出現します。演出・振付を手掛けるのは、国内外でダンス公演を行いながら、NHK『からだであそぼ』の出演などで子供たちにも人気の高い森山開次。主役アリス役は、なんと!小布施町出身の高校生・女優まりあ。
お早めのチケットご購入をお薦めします!

mm0200d

mm0041d


===========
『不思議の国のアリス』
■日時:8月25日(土)11:30/15:00開演(開場は共に開演の20分前)
■会場:アクトスペース
■料金:おとな3,000円、こども(4歳~高校生)1,500円、おやこ(おとな1名+こども1名ペア)4,000円(全席自由・税込)
■演出・振付・美術:森山開次
■出演:森山開次、辻本知彦、島地保武、下司尚実、引間文佳、まりあ
▼詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/180825_alice-3/

===========

 【石丸幹二 コンサート 2018】いよいよ本日16時開演です!

イベント情報

Print

 

石丸幹二 コンサート 2018】
いよいよ本日となりました!
石丸幹二の歌声による、ゴージャスな大人のコンサート!音楽プロデューサー吉田次郎とのタッグで、ニューアルバム『My Favorite Songs』からもたっぷりと。ぜひ、お越しください!
===========
【石丸幹二 コンサート 2018】
日時:4月15日[日]16:00開演
会場:長野市芸術館メインホール
料金:S席¥7,000 A席¥5,500(全席指定・税込)
===========
公演詳細はこちらより▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/kanji_ishimaru/

【ハイドン・フィルハーモニー】チケット発売情報

イベント情報

Print

【ハイドン・フィルハーモニー】
ヨーロッパの名門・エスターハージーの至宝
9年ぶりの来日!初の長野市公演!!
ハイドン・フィルハーモニー(エスターハージー宮殿オーケストラ)

異国情緒あふれるオーストリア・ハンガリー国境地域、遠い帝国の栄枯盛衰に思いを馳せながら、巨匠アダム・フィッシャーが平和を祈念し創設したハイドン・フィルハーモニーの響きを、フィッシャーの正統後継にして、現在もっとも注目される気鋭アーティスト、ニコラ・アルトシュテットの指揮とソロでお楽しみください!“びっくりシンフォニー”とも呼ばれる、ハイドン流ユーモア満点の交響曲「驚愕」もどうぞお楽しみに!
======
交響曲の父ハイドンが生涯楽長として仕えたオーストリア・ハンガリーの名家エスターハージー。ハプスブルク帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、東西冷戦、激動の時を超えて保存されつづけるエスターハージーの至宝の数々を当日ロビーに展示します。こちらもぜひ演奏会と合わせてお楽しみ下さい。
======
■NCACチケットオンライン先行発売
3月8日(木)10:00~
■一般発売
3月10日(土)10:00~
======
■日時:2018年6月28日[木]19:00開演
■会場:長野市芸術館メインホール
■料金:SS:¥4,000 S:¥3,000 A:¥2,000
      〔U-25シート〕SS:¥2,000 S:¥1,500 A:¥1,000(全席指定・税込)
■公演詳細はこちら▼
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/180628_haydn/

ページの先頭へ