長野市芸術館とは

長野市芸術館について

『世界と長野市を芸術で結ぶ、新しい創造拠点へ』

半世紀に渡り、市民に愛されてきた「長野市民会館」から、新しい文化の交流・創造の拠点として、2016年5月8日に「長野市芸術館」が誕生です。長野市芸術館は、長野市役所 新第一庁舎との合築が特徴。複合施設として、豊かなパブリックスペースをできる限り設けることをデザインの中心意図とされており、長野市芸術館と第一庁舎を「ニワ(庭)」が空間的に、また視覚的に統合します。

施設一覧

  • メインホール

  • リサイタルホール

  • アクトスペース

  • 展示サロン

  • 音楽練習室 1・2

  • 演劇練習室 1・2

  • バンド練習室 1・2・3

  • リハーサル室

  • アトリエ

  • ミーティングルーム

フロアのご案内

長野市芸術館のフロアマップをまとめたPDFは以下よりご覧ください。

施設案内リーフレット

長野市芸術館の施設情報をまとめたPDFは以下よりご覧ください。

長野市芸術館施設見学申込みについて

施設見学を希望される場合は、見学申込書に必要事項を記入の上、電子メール(info@nagano-arts.or.jp)またはFAXでご提出願います。

建築設計は「槇文彦」さんが手がけています。

長野市芸術館(新長野市民会館)及び新長野市役所第一庁舎は、世界で活躍する建築家の槇(まき)文彦氏が設計を手がける複合施設です。長野市芸術館は、1つの大ホールと2つの小ホール、そしてギャラリー、リハーサル室、演劇・音楽・バンド練習室などを兼ね備えた、長野市の文化芸術拠点となります。

新市役所第一庁舎と長野市芸術館の複合施設は、市庁舎を訪れる、あるいは芸術館の催しに参加する市民のみなさんに、ギャラリー、カフェ、情報ライブラリー、そして外部の広場も含めて、豊かなパブリックスペースを出来得る限り設けることをデザインの中心意図としています。そして、中央にあるニワ(庭)は、この二つの施設を空間的に、また視覚的に統合する重要な役割を果たしています。

槇文彦 Fumihiko Maki

槇文彦Fumihiko Maki

建築界のノーベル賞と称されるプリッツカー賞をはじめ、国内外で多数の受賞に輝く、日本を代表する建築家。東京大学工学部、ハーバード大学大学院を経て、昭和40(1965)年、槇総合計画事務所を設立。日本芸術院賞、恩賜賞受賞。文化功労者。代表作に、代官山ヒルサイドテラス(渋谷区)、幕張メッセ(千葉市)、テレビ朝日(港区)など。町田市庁舎(東京都)や世界貿易センタータワー4(米国)の設計も手がける。

ページの先頭へ