主催・共催の公演を観る

【アートメントNAGANO 2017】ヴィヴァルディ×ピアソラ -ふたつの四季- イ・ムジチ合奏団

公演画像

概要

ヴィヴァルディ×ピアソラ  
―― ふたつの四季 ―― 

世界最高峰の古楽アンサンブル
イ・ムジチ合奏団 

バンドネオン:小松亮太 

1952年、12人の若く才能溢れるサンタ・チェチーリア音楽院(イタリア)卒業生たちによって結成された古楽アンサンブル。彼らの録音したヴィヴァルディの《四季》は、世界中で空前のバロック・ブームを呼び起こし、日本でも記録的セールスを博した逸品です。代替わりを経てはいますが、今なお世界最高峰のアンサンブルに君臨している彼らの代名詞であるこのヴィヴァルディ《四季》と、アルゼンチンでブームを巻き起こした今世紀最大のタンゴの革命家、伝説のバンドネオン奏者であり作曲家のピアソラが、この曲になぞらえて自作した《ブエノスアイレスの四季》。時代の対比、クラシックとタンゴの対比、ヨーロッパと南米との対比、でもルーツは同じラテンであるという共通点も実感できる内容であることは必至。
バンドネオン・ソロは、日本のタンゴ界の風雲児・小松亮太。久石譲がアレンジし、昨年夏のNCO第1回定期演奏会でも演奏したヴィヴァルディの《ラ・フォリア》を、初めてイ・ムジチ合奏団が演奏するのもニュースです。


------------------------------------
NCACチケットオンライン先行発売
4月20日(木)10:00〜
一般発売
4月22日(土)10:00〜
------------------------------------

■プロフィール
イ・ムジチ合奏団  I Musici
ローマのサンタ・チェチーリア音楽院出身者たちから結成されたイ・ムジチ。その初めてのコンサートが開かれた1952年の春の日から、65年という年月が流れた。彼らはヴィヴァルディの「四季」を世界で最初に録音し、数々の同曲異盤を含め2500万枚以上という驚異的なセールスを記録した。このこと一つとっても、イ・ムジチの歴史がクラシック音楽の演奏史と深く結びついていることがわかる。バロックから現代音楽と幅広く、ロータ、バカロフ、坂本龍一、モリコーネらの重要な作品にも大いに貢献している。
今日のイ・ムジチは何を象徴しているだろうか。イ・ムジチは、イタリア音楽の伝統と真価を打ち立て、絶えず新たなアプローチをとりいれて世界中に広めた団体だ。伝統と革新の融合は、この半世紀のイタリアを代表する音楽家たちの力によるところが大きい。
それだけでなく、新たなレパートリーの探究は、イ・ムジチの芸術の懐を深めるだけでなくメンバーや聴衆の音楽的嗜好をも豊かなものとしている。探究はたゆみなく続けられ、団体としての活動の基礎となっている。そして数々の著名な国際音楽祭に登場し、世界各地のあらゆる有名なホールや劇場で熱心にコンサート活動を続けている。

小松亮太(バンドネオン) Ryota Komatsu, bandoneon
1998年、ソニーミュージックよりCDデビューを果たして以来、国内はもとより、カーネギーホールやタンゴの本場ブエノスアイレスなどで、タンゴ界における記念碑的な公演を実現している。
アルバムもすでに20枚以上を制作。「ライブ・イン・TOKYO〜2002」は、03年にはアルゼンチン音楽家組合(AADI)、ブエノスアイレス市音楽文化管理局から表彰された。
08年にはアストル・ピアソラの幻のオラトリオ「若き民衆」を東京オペラシティで日本初演。13年にはピアソラの「ブエノスアイレスのマリア」をピアソラ元夫人の歌手アメリータ・バルタールと共演し、ライブアルバムをリリース。
作曲活動も旺盛で、TBS系列『THE世界遺産』OP曲「風の詩」、映画「グスコーブドリの伝記」(ワーナーブラザース配給・手塚プロダクション制作)ほか多数のサウンドトラックを手掛けている。タンゴ界に限らず様々なアーティストとの共演も多く、15年にリリースした大貫妙子との共同名義アルバム『Tint』は、第57回輝く!日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞した。

安江佐和子(パーカッション)  Sawako Yasue, percussion
パーカッション、マリンバ、ティンパニ奏者。桐朋学園大学卒業,‘95より小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラメンバー‘02文化庁芸術家海外研修員としてベルリンへ留学
シリーズ「Prana」をプロデュースリズムを超えた「音楽」を求め、歌う、色彩のパーカッションとして、独自の音色感をもった世界を展開する。桐朋学園大学、東京芸術大学非常勤講師 http://www.sawakoyasue.com/

出演 イ・ムジチ合奏団
小松亮太(バンドネオン)*
プログラム ヴィヴァルディ/久石 譲 編曲: ラ・フォリア(パーカッション: 安江佐和子)
ピアソラ: ブエノスアイレスの四季*
ヴィヴァルディ: 四季
主催 一般財団法人長野市文化芸術振興財団/長野市
共催 信濃毎日新聞社
企画制作・お問い合わせ アートメントNAGANO 事務局(一般財団法人長野市文化芸術振興財団内)TEL.026-219-3192

開催日時

2017年7月10日[月]
19:00開演(18:30開場)

会場

メインホール

料金

S:¥5,000
A:¥4,000
B:¥3,000
C:¥2,000
(全席指定・税込)

チケット情報

その他プレイガイド

■ NCACチケットセンター
 tel:026-219-3191 [10:00~19:00/火曜定休]
■ チケットぴあ
 tel:0570-02-9999 (Pコード 329-081)
■ ローソンチケット
 tel: 0570-000-407 (Lコード 34839)
■e+(イープラス)
 http://eplus.jp
■ ながの東急プレイガイド [窓口]

PDFダウンロード

アートメント_イムジチ_CS5

ページの先頭へ