主催・共催の公演を観る

えんげきワークショップ・ファシリテーター養成講座①<全8回>

公演画像

概要

見つけ出そう!
地域に眠るコミュニティの力

●コミュニケーション・ワークショップとは?
 ファシリテーターとは?

長野市芸術館アクトスペースでは、地域と共に、「市民の日常に根ざした自主運営的な舞台芸術創造の場」の創出を目指しています。
その具体的な実践の一つとして、いわゆる舞台芸術作品をつくることや上演すること自体を目的とするのではなく、演劇の手法を用いて、日常や学校での出来事を見直し、さまざまな気づきや学びを得ることを目的とした「コミュニケーション・ワークショップ」を積極的に展開し、「演劇の知恵」をまちづくりや地域コミュニティの再生に活かしたいと考えています。
そのためには、さまざまな職場や学校、地域活動などを通じて、「まち」を良く知り、「地域コミュニティ」の魅力を引き出すことができる「ファシリテーター(進行役)」の存在が必要不可欠です。本講座では、こうした演劇の手法を活用したワークショップ活動の「ファシリテーター(進行役)」となる人材を長期的な視点で地域に育成しようというものです。

■講師
わたなべなおこ
演出家、ワークショップ・ファシリテーター、NPO法人PAVLIC理事、あなざーわーくす主宰
兵庫県赤穂市出身。神戸大学卒業後、中央戯演学院(北京)に1年間留学。2000年、劇団あなざーわーくすを設立し、観客参加型の『レクリエーション演劇』を独自に開発。観客と俳優の間のコミュニケーションを軸に展開する、ユニークなスタイルで演劇活動を行っている。また、ワークショップ・ファシリテーターとしても、幼稚園児から80代のおじいちゃんまで、様々な年代の方を対象に全国各地でワークショップを行っている。

■応募方法
チラシの裏面にある応募用紙にご記入いただき、8/4(金)17:00必着で、FAXかご郵送またはメールでお申し込みください。
「チラシをダウンロード」からチラシのPDFをプリントアウトできます。

■応募対象
18歳以上で、予定している講座の日程に出来る限り全て参加できる方。演劇体験不問。

■参加人数
15名

講師 わたなべなおこ(演出家、ワークショップ・ファシリテーター、NPO法人PAVLIC理事、あなざーわーくす主宰)
プログラム 【1回目】8/20[日] 10:00〜13:00
社会で役立つワークショップ体験①
【2回目】9/10[日] 10:00〜13:00
社会で役立つワークショップ体験②
【3回目】10/1[日] 10:00〜13:00
ワークショッププログラム開発①
【4回目】11/5[日] 10:00〜13:00
ワークショッププログラム開発②
【5回目】12/3[日] 10:00〜13:00
ワークショッププログラム開発③
【6回目】1/7日] 10:00〜13:00
ファシリテーター演習①
【7回目】2/11[日] 10:00〜13:00
ファシリテーター演習②
【1回目】3/11[日] 10:00〜13:00
ファシリテーター演習③
主催 一般財団法人長野市文化芸術振興財団

開催日時

2017年8月20日[日]

会場

アクトスペース

料金

¥3,000
(全8回/要申込/8/4〆切)

チケット情報

その他プレイガイド
PDFダウンロード

facilitator2017_170710

ページの先頭へ